胚芽米のおすすめ購入場所&おいしい炊き方【詳しく解説】

胚芽米のおすすめ購入場所&おいしい炊き方【詳しく解説】 フードコラム

ふしゆかです♪

(はじめましての方へ プロフィール/実績一覧/提供サービス

胚芽米は、多くの方が食べている白米や、モデルさんが食べているって聞く玄米に比べて、馴染みがないお米だと思います。
「胚芽米ってどこで買えるの?」
「胚芽米を食べてみたいけど、白米と炊き方の違いってある?」
と疑問のあなたのため、この記事で、よく胚芽米を食べいる私が

  • 胚芽米の購入方法
  • 胚芽米の炊き方
  • 簡単においしく炊く方法


を解説!
私もこの記事に書いてある方法で胚芽米を買って炊いています♪
毎日毎食食べるごはんを胚芽米にすると、主食からよりたくさん栄養がとれて、一人暮らしさんの栄養不足解消に役立ちます。
胚芽米の解説と、おすすめする理由・メリットはこちらの記事をご覧ください♡


忙しい一人暮らし社会人のあなたも、めんどくさがりなお料理初心者さんも、この記事を読むと簡単に胚芽米を購入&炊飯できますよ♪
これから胚芽米で栄養満点ごはん生活しましょう☆

胚芽米の購入方法

胚芽米はネット通販で買うのがおすすめ

胚芽米は、お店でも買えるけど、インターネットで買うのが一番楽♪
理由は、こちらの3つ!
胚芽米に限らず、他のお米を買う時のメリットでもあります。

運ばなくていいから楽

お米は少量のパックのものもあるけど、毎日食べるために買うのは2 kg~5 kg単位のものだと思います。
5kg袋とか、スーパーで買うと持って帰るのが重くて超大変!

一人暮らしがお米を楽に買うなら、ドアまで運んでくれるネット通販を使いましょう。

値段を簡単に比較できる

お店でお米を選ぶと、種類が少なかったり、価格が高いものばかりのことも。

ネットで「胚芽米」と検索すれば、価格もあなたの予算に合わせてすぐにチェックできます☆
私はネットでお手頃な胚芽米を買っています!
こちらの商品です☆

ひのひかり胚芽米 5kg 岡山県産 (5kg×1袋) お米

Amazon | ひのひかり胚芽米 5kg 岡山県産 (5kg×1袋) お米 | ももたろう印 | 白米・胚芽米 通販
ひのひかり胚芽米 5kg 岡山県産 (5kg×1袋) お米が白米・胚芽米ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。


商品紹介&食レポはこちら♡

購入の決め手はお値段だったけど、食べてみたら味も良かったのでリピートしています!

確実に買える

胚芽米を置いてないスーパーもあります(ほとんど?)。
ネット通販のお米屋さんで胚芽米を探す方が早いし、ネットなら在庫も確認して買えます♪

胚芽米のおすすめ購入方法&おいしい炊き方【詳しく解説】

胚芽米の炊き方

胚芽米の炊き方を一言で表すと、「白米とそんなに変わらないよ♪」です。笑
なので、ここでは白米も含めたお米の炊き方を、あらためて丁寧に解説します!
なにげなくお米を洗って炊飯器のスイッチを押していたあなたは、炊き方をおさらいしておいしいご飯を召し上がれ♡

計量する

胚芽米を計量カップに入れ、平らにならします。

  • 計量カップがない
  • 正確に測りたい

時は、はかりで計量します。
胚芽米、白米、玄米どれも1合は150gです。
余談だけど、私ははかりの方が簡単に正確に測れるから、いつもはかりで計量しています。

胚芽米を洗う

「洗う」って書いたけど実は、胚芽米を洗う必要はほとんどありません!
胚芽米の外側に付いている栄養が洗い流されてしまうからです。
汚れが気になるかも?って方は、炊飯器の内釜に1回水を入れてこぼすくらいで大丈夫!
胚芽米は、無洗米って考えてOKだから、お米を研ぐのがめんどくさい忙しいあなたにぴったり♡
一応、お米の洗い方も書いておきますね。

  1. 内釜に一度水を入れ、すぐにこぼす。
  2. 2~3回水を替えながら、20回ぐらい内釜の中をかき回し、手早く洗う。

無洗米じゃなくても、最近のお米はそれほど洗わなくても問題なく食べられます。
力を入れて何回も「研ぐ」っていうより、洗う程度でOK♪

水を加える

炊くお米の量に合わせて炊飯器の目盛りまで水を加えます。
基本的に、胚芽米は少し多めに水を加えます。
「基本的に」と書いたのは、胚芽米に限らず

  • お米の炊き上がりの硬さの好みは人それぞれ
  • お米の銘柄や質(新米など)によって同じ水の量でも炊き上がりは変わってくる

からです。
胚芽米の場合、炊飯器の目盛りより少し多めから始めて、あなたのお好みの炊き上がりの硬さの水の量を探してみて☆
私は、胚芽米でも白米と同じ水加減、または少し少なめにしています。
炊き上がりはやや固めを目指しています。
固めに炊いたごはんは自然とよく噛んで食べるので満腹感を得やすいし、顎を動かしてシェイプアップも狙えるからです。

胚芽米のおすすめ購入方法&おいしい炊き方【詳しく解説】

浸水する

お米を水に浸して吸水させます。


吸水時間の目安はこちら☆

  • 白米は30分~1時間くらい
  • 胚芽米は最低1時間以上~2時間くらいが理想


胚芽米は白米に比べると吸水しにくいため、少し長めの浸水時間があるといいです。
とはいえ玄米(約6時間)ほど長くなくても大丈夫なので、ご安心を♪
でも、
「最低1時間は浸水?時短じゃないじゃん!胚芽米すぐに炊きたいんだけど」
って思う方もいるかも。
私もお米を食べたい時にそんなに待っていられません。笑
解決方法は、前日から冷蔵庫で水に浸けておくことです!
例えば夜にお米を浸水しておけば、寝てる間に6時間以上水に浸すことができます。
朝は炊飯ボタンを押すだけ!
浸水中に水が傷むこと(夏場は特に注意!)や、ほこりが入ることを防ぐため、必ず冷蔵庫に入れます。
というと、今度は
「水に浸ければ浸けるだけおいしくなるのかな…?」
と思うかも?
確かに長時間水に浸けるとふっくら炊きあがるけど、長くても2時間浸水すれば問題ありません。
お米は2時間くらいで完全にお水を吸い切ってくれるからです。

炊飯する

炊飯器のスイッチを押し、炊飯します。
胚芽米も白米モードで炊けます☆
玄米モードを選ぶ必要はありません。
「早炊き」「エコ炊き(消費電力を抑えて炊く)」でも炊けます!
私はいつもエコ炊きモードで炊いています(エコ)。
「早炊き」「エコ炊き」は、白米モードよりも少し固めに炊き上がることもあります。
ただ、私は「水を加える」の項目でも書いた通り、噛み応えのある炊き上がりにしたいので、エコ炊きモードで炊いて問題なく食べています♪
ふっくらと柔らかめの胚芽米を食べたい方は

  • 2時間浸水
  • 多めの水加減
  • 白米モード

を守ってくださいね♡

胚芽米のおすすめ購入方法&おいしい炊き方【詳しく解説】

ごはんをほぐす

炊飯できたら、ごはんを1/4ずつひっくり返すようにしてほぐします。
余分な水分を飛ばし、仕上がりがべちゃっとしないようにするためです。
かき混ぜるとお米が潰れ、粘りが出るので注意!
「ご飯って炊き上がったら蒸らすんじゃないの?」
って思うけど、炊き上がったらすぐに炊飯器を開けて ご飯をほぐして大丈夫。
炊飯時間に蒸らし時間も含まれている炊飯器がほとんだからです。
気になる場合は炊飯器の取扱説明書を見てみて☆

簡単においしく炊く方法

胚芽米の炊き方のポイントを解説しながら、お米の炊き方をおさらいしてきました。
ここでは、お米をおいしく炊くための簡単な方法を教えます!

ミネラルウォーターで洗って炊く

お米は最初に触れた水を一番よく吸います。
最初に内釜に入れるお水をミネラルウォーターにしておいしいお水を吸わせると、お米のおいしさアップ♡
「さすがに洗米にミネラルウォーターはもったいない…」
と私と同じ考えなら、浸水&炊く水だけミネラルウォーターにするのもアリ♡

冷たい水を使う

冷たい水には、お米のでんぷんを水に溶け出しにくくする働きが♪
そのため冷水で炊くと、炊き上がりがべちゃべちゃしにくくなります。
冷蔵庫で浸水すれば簡単に冷水で炊けますよ☆

胚芽米のおすすめ購入方法&おいしい炊き方【詳しく解説】

まとめ

胚芽米の簡単な買い方&炊き方!おいしい炊飯方法も解説

  • 胚芽米やお米類はネット通販で買う(運ばなくてOK、値段の比較が簡単)
  • 胚芽米の炊き方は白米とそんなに変わらない
  • 白米との炊き方の違い1:ほぼ洗わなくてOK
  • 白米との炊き方の違い2:やや多めの水加減(お好みで)
  • 白米との炊き方の違い3:長めの浸水時間(前日から冷蔵庫がおすすめ)
  • お米の炊き方のおさらいは本文参照
  • お米の簡単おいしい炊き方1:ミネラルウォーターで洗米&浸水
  • お米の簡単おいしい炊き方2:冷水で炊く

胚芽米は、白米とほとんど変わらない炊き方だから、気軽に食べ始めてみて♪
私は、胚芽米を白米と同じようにネットで買っているし、白米よりも炊飯が面倒と思ったことはありません。
胚芽米は、お米を洗う時、白米よりも時短&節水できるメリットも!
浸水は前の晩から冷蔵庫でやっておけば、時間がかかりません。
胚芽米は、簡単に取り入れられて無理なく続けられる美容&ダイエット食材としておすすめ!
この記事で、購入も炊飯もめんどくさくないことがわかってもらえたかと思います♪
一人暮らしOLやめんどくさがりのお料理初心者さんは、胚芽米で栄養&食物繊維不足のないごはん生活をしてみてくださいね♪

レシピ開発/アレンジレシピ考案/コラム執筆など

♡お仕事のご依頼・ご相談はこちら

タイトルとURLをコピーしました