玄米よりおすすめ!茶色い炭水化物・胚芽米とは?&メリット解説

玄米よりおすすめ!茶色い炭水化物・胚芽米とは?&メリット解説 ダイエットコラム

ふしゆかです♪

(はじめましての方へ プロフィール/実績一覧/提供サービス

  • 白米とか白い炭水化物は体に悪い
  • 玄米は炊く前に長い時間水に浸けなきゃならなきて炊くのが面倒
  • 玄米は体質に合わない人もいる

「それじゃあどんなお米を食べたらいいの!?」
って思いますよね。
私も同じように悩んでました。
毎日ほとんど毎食食べるお米は、少しでもヘルシーなものを食べたい!
そう思った私が、主食として食べて続けているお米があります。
胚芽米です!

玄米よりおすすめ!「茶色い炭水化物」胚芽米のメリット


胚芽米は、炊くのが簡単で消化しやすい「茶色い炭水化物」☆
この記事で、
「白米よりもヘルシーなお米を食べたいけど、玄米は炊くのがめんどくさいし消化に悪い」とお悩みのあなたのために

  • 胚芽米とは
  • 胚芽米のメリット
  • 私が食べているおすすめ胚芽米
  • 胚芽米を使ったレシピ

について書きました!
簡単おいしく食べ続けられる「茶色い炭水化物」を食べたいあなたは、ぜひお読みくださいね♡

胚芽米とは

胚芽米とは、もみからもみ殻と糠(ぬか)層を精米で取り除き、胚芽の部分は残したお米です。
見た目は玄米より薄茶色で、白米よりくすんだ色をしています。
玄米や胚芽米は、炭水化物のなかでも美容に良くてヘルシー「茶色い炭水化物」=精製されていない炭水化物です。

玄米・白米と精米具合が違う

胚芽米は、玄米・白米と精米具合が違います。
お米は、田んぼに生えている稲を収穫してから、硬い部分を取り除いて食べられるように=精米します。
精米の具合で、お米の呼び方が分かれます。

  • 玄米:もみ殻だけ取り除いたお米
  • 胚芽米:もみ殻と糠(ぬか)層を取り除き、胚芽は残っている
  • 白米:もみ殻、糠(ぬか)層、更に胚芽と呼ばれる部分を取り除いたお米

つまり、胚芽米は、白米と玄米の間の精米具合のお米です。
白米や玄米と精米具合が違うため、消化吸収のしやすさや栄養価も玄米・白米と違います。

玄米よりおすすめ!「茶色い炭水化物」胚芽米のメリット

胚芽米のメリット

白米よりも栄養豊富

胚芽米には、お米の栄養の詰まっている胚芽という部分が付いているから、白米よりも栄養価が高いです。
白米は精米過程で、胚芽を取り除いています。
私からすると「なんで栄養のある部分を取っちゃうのー!?」ってツッコミ入れたい。笑
茶色い炭水化物の玄米や胚芽米は精米具合が少なく、お米の栄養が残っています。
胚芽の部分には、ストレス解消糖の代謝を助ける栄養も!
現代社会を生きるダイエットOLにとってありがたいですね☆

そのままでも程よい噛み応え

胚芽米は、雑穀などを混ぜなくても白米よりも噛み応えがあります。
ごはんはよく噛んで食べると少しの量でも満足感を得やすく、食べ過ぎ防止=ダイエット効果あり!
よく噛んで食べるためには、柔らかい白米から、胚芽米など噛み応えのあるお米に変えるのも1つの方法です。
雑穀を混ぜてご飯の栄養価や噛み応えを増やす方法があるけど、胚芽米だけでも充分食感は増します☆
ちなみに、私は胚芽米に雑穀を混ぜて食べることがほとんどです。
雑穀を混ぜて炊くと、ますますもっちり&しっかり食感♡

玄米よりも消化吸収しやすい

胚芽米は玄米よりも消化しやすいメリットがあります!
栄養豊富な茶色い炭水化物の胚芽米と玄米。
実際のところ、栄養価は胚芽米より玄米の方が高いです。
「それじゃあ、胚芽米よりより玄米食べた方がいいんじゃないの?」
って思いますよね。
確かに数字だけ見ると、胚芽米よりも玄米の方が栄養価はやや高め。
だけど玄米は、栄養豊富でも消化吸収しにくいマイナス面があります。
玄米には、固い糠(ぬか)層が付いているから消化に悪いんです。
玄米を食べるとお腹の調子が良くなくなってしまう人もいるくらい。
一口につき、50~100回噛まないと消化できないとか…。
ちゃんと消化するため、やたら食事に時間をかけなきゃならないのは、忙しい毎日の主食にするには現実的じゃないですよね。
もちろん胚芽米もよく噛むに越したことはありません。
「よく噛む」の一般的な回数:30回は噛みたいもの。
でも、糠(ぬか)層が取り除かれている分、玄米よりも消化しやすいので、お腹に優しい♡
せっかくお米から栄養をとるなら、おなかへの負担を少なめに、消化、吸収良くとりたいものですよね。
だから、玄米より胚芽米をおすすめします♪

無洗米!研ぐ必要がほぼない

胚芽米は洗う必要なく炊飯できます!
栄養がついている胚芽の部分を洗い流さないようにするため、汚れが気になるなら1~2回ささっとすすぐだけでOK☆
無洗米じゃなくても、米を洗う簡単さは無洗米レベル!
忙しい時に時短できて助かるし、節水にもなります☆

玄米よりも浸水時間が短い

胚芽米の浸水時間は、同じ茶色い炭水化物・玄米より短時間です!
炊く1時間前くらいに洗って水に浸けるだけで大丈夫です。
玄米を炊く時は最低一晩(6時間)は水に浸けないとなりません。
消化吸収しやすく、できるだけ柔らかく炊き上げるためです。
胚芽米は、水に浸ける時間も炊飯時間も玄米よりも短くてOK☆
ごはんを炊こうと思いたったら、玄米より気楽に時短で炊けますよ♡

私が食べているおすすめ胚芽米


私がリピートして食べている胚芽米はこちら!

ひのひかり胚芽米 5kg 岡山県産 (5kg×1袋) お米
Amazon | ひのひかり胚芽米 5kg 岡山県産 (5kg×1袋) お米 | ももたろう印 | 白米・胚芽米 通販
ひのひかり胚芽米 5kg 岡山県産 (5kg×1袋) お米が白米・胚芽米ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

何種類か胚芽米を食べたなかで、おいしかったのがこれ♪
胚芽米のメリットと一緒においしさも実感できます♡

胚芽米を使ったレシピ

「胚芽米を炊いてみたい!でも最初は口に合うか心配…」

それなら、胚芽米を使った炊き込みご飯のレシピはいかが?

きのこや野菜、魚缶詰と一緒に具だくさんでおいしく食べてみて☆

玄米よりおすすめ!「茶色い炭水化物」胚芽米のメリット

まとめ

玄米よりおすすめ!忙しい社会人にぴったりの「茶色い炭水化物」胚芽米

  • 胚芽米とは、精米でもみ殻と糠(ぬか)層を取り除いた茶色い炭水化物
  • 白米よりも栄養豊富
  • 程よい噛み応えで自然と噛む回数アップ
  • 玄米よりも消化吸収しやすい
  • 無洗米!研ぐ必要ほぼなし
  • 玄米よりも短い浸水&炊飯時間
  • このブログの胚芽米を使った炊き込みご飯レシピ作ってみてね♡

私が「白米よりもダイエット向きで、玄米よりも食べ続けやすいお米ってないかな?」と悩んでいた時に見つけたのが胚芽米です!
胚芽米は白米よりも栄養たっぷりで噛み応えがあるから、ごはんを食べるだけでダイエットや美容にいい感じ♪
それに、玄米よりもおなかに優しくて炊く時間や手間もかからない☆
だから、今よりもっとヘルシーな食生活にしたい一人暮らしさんにぴったり!
私は何年も前から胚芽米を食べています☆
あなたも胚芽米で簡単ヘルシーなお米生活しませんか♪

レシピ開発/アレンジレシピ考案/コラム執筆など

♡お仕事のご依頼・ご相談はこちら

タイトルとURLをコピーしました