【具体例あり】一人暮らしが1週間に必要な野菜はどれくらい?

【具体例あり】一人暮らしが1週間に必要な野菜はどれくらい? フードコラム

ふしゆかです♪

(はじめましての方へ プロフィール/実績一覧/提供サービス

「テレワークなのもあってほとんど自炊なんだけど、野菜を充分に食べるには、どのくらい買えばいいのかな?」

こんな疑問、あなたの代わりに解決します!

週1のまとめ買いで、毎日必要な野菜摂取量を満たすため

  • 大人1人が1週間に必要な野菜の量は何グラム?
  • 毎日必要な野菜の量をクリアするために買うべき野菜の量 1週間分
  • 1週間分の野菜の鮮度をキープするおすすめ便利アイテム

を、この記事で解説!

一人暮らしさんは毎日買い出しに行く人は少数派だと思うので、まとめ買いに対応した野菜の量として、1週間分で計算しました。

これを読めば、1日に必要な野菜の量を食べるために、どの野菜をどのくらい買ったらいいのか具体的にわかりますよ♡

必要な野菜の摂取量にあった野菜を買うことができて、野菜不足や野菜の買いすぎを防げます♪

1日に必要な野菜の量

まずは、1日に必要な野菜の量について知っておきましょう!

  • 大人1人が1日に必要な野菜の量は350g以上
  • 350g以上のうち、緑黄色野菜を約120g
  • 淡色野菜を約230g

詳しくは、1日に必要な野菜の量の具体例や、野菜摂取のポイントを解説した記事をご覧下さいね☆

1日に必要な量を満たす野菜の量 1週間分

前の項目で、1日に必要な野菜の量がわかりました。

では、1週間分の野菜をまとめ買いするとき、どんな野菜をどのくらい買えばいいのか見ていきましょう!

1週間に必要な野菜の量

1週間に必要な野菜の量を知るため、単純に1日に必要な野菜の量×1週間(7日)を計算します。

1日に必要な野菜の量350g×7日=2450g

1週間に必要な野菜の量は2450g(約2.5kg)

次に、1週間に必要な野菜の量を、緑黄色野菜と淡色野菜に分けて算出します。

1日に摂取したい緑黄色野菜の量120g×7日=840g

1週間に必要な野菜の量2450g-1週間に最低限とりたい緑黄色野菜の量840g=1週間に最低限とりたい淡色野菜の量1610g

計算式を並べちゃったので(そんなに難しくないけど)、ややこしく感じたかもしれません。

まとめると

  • 1日に必要な量を満たす野菜を1週間分買うためには、合計2450g(約2.5kg)必要
  • そのうち緑黄色野菜を840g(約900g~1kg)
  • 淡色野菜を1610g(約1.6 kg)

という計算になります!

1日に必要な野菜の量を満たす緑黄色野菜 1週間分

1日に必要な量を満たす緑黄色野菜を1週間分(約900g~1kg)買うためには、約150~200gの緑黄色野菜4~5つが必要です。

具体的にどんな野菜をどのくらい買えばいいかについては、↓に載せた、野菜と分量をまとめた表を参考にしてくださいね♪

以下の野菜と分量を1点とします。

1点の分量が、約150~200gです。

4~5つ選ぶと、1週間に必要な緑黄色野菜の量約900g~1kgになります。

  • トマト 1個
  • ミニトマト 1パック
  • にんじん 1本
  • ブロッコリー 1株
  • 小松菜 1束
  • チンゲン菜 2株
  • ピーマン 6個(約1袋)
  • かぼちゃ 1/6個

いろんな野菜を食べるのが理想的だけど、野菜は1種類ずつ買わなくてもOK。

お好みや作る料理に合わせて、同じ野菜が2~3点になっても大丈夫♪

1日に必要な野菜の量を満たす淡色野菜 1週間分

1週間に必要な淡色野菜は約1.6kg

結構な量!?って思いますよね。

何種類も買うのはちょっと大変。

下の表から、重量のある淡色野菜1点+200g前後の淡色野菜3点を選ぶと、1.6kg分が買いやすいです☆

  1. まず、以下から1点選びます(1点が約1kgの淡色野菜)。
  • 大根 1玉
  • キャベツ 1玉
  • 白菜 1/2玉
  • レタス 2玉

2.次に、以下から3点選びます。(1点が約200gの淡色野菜)

  • もやし 1袋
  • 玉ねぎ 1個
  • 長ねぎ 1本
  • なす 2本
  • きゅうり 2本
  • ズッキーニ 1本
  • ごぼう 1本
  • れんこん 1節

緑黄色野菜の項目でも書いたように、いろんな野菜を食べるのが理想的だけど、野菜は1種類ずつ買わなくてもOK。

お好みや作る料理に合わせて、同じ野菜が2~3点になっても大丈夫♪

1週間に必要な野菜の買い物リスト 具体例

ここまで計算&説明してきた内容の通りに、一人暮らしさんが週1の買い物で1週間分の野菜を買う場合の例はこちら!

  • ミニトマト 1パック
  • にんじん 1本
  • ブロッコリー 1株
  • ピーマン 6個(1袋)
  • キャベツ 1玉
  • 玉ねぎ 1個
  • れんこん 1節

少なくともこのくらいを1週間分として買い→食べ切ると、野菜不足は解消できます!

意外と多いと思ったあなたへ

「仕事で疲れた後に2.5kgの買い物なんて重すぎる!無理!」

って思いますよね!

1つ前の項目の具体例で挙げたのは、週1でまとめ買いする場合の分量の目安です。

同じくらいの量を、あなたの1週間での買い物回数に合わせて分けて買ってみて♪

野菜のまとめ買いが重くて大変なら

  • ネットスーパーを使う
  • 根菜類などはネットで買う

方法もあります!

ネットスーパーを使うと荷物運びの手間なく、必要な野菜の量がおうちに届きます☆

または、にんじんや玉ねぎなど傷みにくい&重い根菜類だけ、Amazonや楽天でまとめ買い(1週間分以上)すると、運ぶ手間が省けて便利!

まとめ買いの野菜はしっかり保存しよう

「週1のまとめ買いは、野菜が痛みそう…。」

と心配なあなたのため、1週間分の野菜の鮮度をキープする、おすすめ便利アイテムを紹介!

野菜は、鮮度保持機能のある物に入れると長持ちします♡

こちらが私も使っている野菜鮮度保持袋・愛菜果です☆

コンテナタイプの鮮度まもる君は、ミニトマトなど柔らかい野菜や、果物にも(こちらも愛用中)♪

愛菜果

私は買い出しの頻度は週1で、愛菜果鮮度まもる君に野菜を保存しています。

鮮度が長持ちされて、特に葉物の保存には欠かせません!

野菜の保存について簡単にまとめた記事も、ぜひ参考にしてくださいね☆

【具体例あり】一人暮らしが1週間に必要な野菜はどれくらい?

まとめ

  • 1日に必要な野菜の量は350g以上。そのうち緑黄色野菜を最低120gとる
  • 1週間に換算すると必要な野菜の量は約2.5kg。そのうち緑黄色野菜を約900g~1kg、淡色野菜を約1.6 kg
  • 必要な野菜の量を1週間に1度の買い物で買う目安量は、①150~200gの緑黄色野菜4~5点②1kgの淡色野菜1点③約200gの淡色野菜3点を組み合わせる
  • 買い物回数の分散ネットの活用で荷物運びを楽にしよう

必要な野菜の量を、1日&1週間単位で計算してみました!

在宅勤務でおうちごはんの機会が増えた今、自炊で野菜を補うチャンスです☆

ごはん作りの計画や買い出しの時には、この記事を参考にして♡

どんな野菜をどのくらい買って食べたらいいかわかり、あなたの野菜不足解消の助けになれば幸いです♪

レシピ開発/アレンジレシピ考案/コラム執筆など

♡お仕事のご依頼・ご相談はこちら

タイトルとURLをコピーしました