砂糖の代わりにみりんを使うメリット・注意点・分量の目安

砂糖の代わりにみりんを使うメリット・注意点・分量の目安 フードコラム

ふしゆかです♪

(初めましての方へ プロフィール/実績一覧/提供サービス

「みりんって甘いけど、砂糖の代わりに使えるのかな?」

お料理してて、ふとそんなふうに思ったことありませんか?

みりんは甘さを加えるために砂糖の代わりに使えます!

私は、炒め物や煮物などで砂糖の代わりにみりんを使っています。

この記事では、「みりんは砂糖の代わりに使えるの?」と疑問のあなたに

  • 砂糖の代わりに使うメリット
  • 砂糖の代わりに使う場合の注意点
  • 砂糖の代わりに使う場合の分量の目安 

について解説します。

この記事を読めば、「砂糖の代わりにみりんをどう使えばいいのか分からない」ってあなたも分量や注意点がすぐわかります♪

日本の代表的な調味料の一つ、みりん。

砂糖の代わりとしても上手に使ってみませんか♪

砂糖の代わりにみりんを使うメリット

砂糖よりも、血糖値を上げるスピードが緩やか

甘いものを口にすることが体に悪い理由として、血糖値の急上昇があります。

血糖値を上げるスピードのレベルを「GI値」という値で表します。

みりんは砂糖に比べて血糖値を急上昇させにくい=低GIの調味料です。

 砂糖のGI値が109に対して本みりんのGI値は15!この差は大きいですね。

糖質が砂糖の約半分

本みりんの100gあたりの糖質は、砂糖の約半分!

調味料の糖質って気づきにくいし計算しにくいものです。

塵も積もれば…ということで、甘い調味料は低糖質なみりんに切り替えるのがオススメ☆

甘味がまろやか

砂糖もみりんも甘い調味料だけど、甘さのもとが違います。

砂糖の甘さのもとはショ糖だけ。そのまま舐めるとすぐに甘いって感じますよね。

みりんの甘さのもとは、 ブドウ糖やオリゴ糖などです。

そういった複数の糖類が、砂糖とは違った品のあるまろやかな甘さをつくっています♡

注意点

本みりんを使おう

「みりん」と一口に言っても、「本みりん」「みりんタイプ」「みりん風調味料」があるんです。

この3種類は原料が違います。違いを知ると、体に優しい調味料は本みりんだとわかります。

本みりんの原料は、もち米や米麹、焼酎または醸造アルコールです。

みりんタイプは、本みりんの原料に加えて、塩が入っています。

砂糖の代わりとして料理やお菓子に使うと塩分も加わる分、味わいが変わってしまうので注意が必要。

みりん風調味料の原料には、ブドウ糖や水あめが使われています。

ブドウ糖や水あめは、砂糖みたいに糖質は高いし血糖値を急上昇させます。

砂糖の代わりの体に優しい甘味料としてみりんを使うなら、必ず本みりんを選びましょう!

本みりんを砂糖代わりに使う場合の分量の目安

本みりんを使って砂糖と甘さをほぼ同じにするためには、こちらを参考にどうぞ☆

ミリリットル計算の場合:砂糖の1.5倍の量が目安

例 砂糖大さじ1なら本みりん大さじ約1と1/2

グラム計算の場合:砂糖の3倍の量が目安

例 砂糖10gなら本みりん約30g

まとめ

みりんは砂糖よりも

  • 血糖値を急上昇させにくい
  • 糖質が約半分
  • 品のあるまろやかな甘さ
  • 塩分・低GI・糖質オフのために「みりんタイプ」「みりん風調味料」ではなく「本みりん」を使おう
  • ミリリットル計算では砂糖の1.5倍の量、グラム計算では砂糖の3倍の量が目安

この記事を参考に、砂糖よりも体に優しくまろやかな甘さのみりんを、お料理やお菓子作りに使ってみて下ださいね☆

タイトルとURLをコピーしました