【16時間断食】1日2食は痩せる?【経験談】

16時間断食一日2食経験談 ダイエットコラム

ふしゆかです♪

(はじめましての方へ プロフィール/実績一覧/提供サービス

最近話題の16時間断食。

1日のうち16時間の空腹時間をつくり、8時間のあいだに食べる食事法で、「プチ断食」「8時間ダイエット」とか「16:8ダイエット」とも言われています。

「やってみようかな?」

「本当に痩せるのかな」

「お腹空かない?」

ってやろうかどうか迷っている方いませんか?

私は16時間断食が話題になる前、かれこれ5年くらい前から、夕食抜きの1日2食16時間断食です。

この記事では、5年近く1日2食(夕食抜き16時間断食)で生活している私が、

「16時間断食で痩せるのかな?」と疑問に思っているあなたに対して、

  • 1日2食にした理由
  • 1日2食のメリット
  • 1日2食のデメリット
  • 1日2食は痩せるのか

について、経験をもとにお伝えします☆

私の場合の、あくまで一例として参考までにご覧ください。

私が1日2食にした理由

私が1日2食にした理由は2つ。

  • 夕ごはんでカロリーを摂る必要がないと感じた
  • 夕ごはんにかける時間を省きたい

と考えたからです。

「空腹こそ最強のクスリだー!」

と、「痩せたい」とか「もっと元気はつらつになりたい」から1日2食にしたわけではありません。

就職して、仕事から帰るとあとはお風呂に入って寝るだけの生活になりました。

「あとは寝るだけなら、夕ごはん食べてエネルギーを摂る必要ないんじゃない?」

と思ったのが私が夕食抜きを始めた理由です。

「断食」している、って意識もそんなにありません。笑

16時間断食、1日2食というと、朝ごはんや昼ごはんを抜く人もいます。

私が夕ごはんを食べないのは、夜勤で働いていたわけでもなく、夜にあまりエネルギーを必要とすることをしないから。

必ずというわけではなくて、今のところ、1日2食は週3~4の基本の食事スタイルです。

昼ご飯の後におやつや間食をすることもあるし、ここ数ヵ月は週3の夕方の筋トレ後に軽く食べています。

朝ごはんと昼ごはんは必ず食べます!

朝ごはんは食べないと力が入らない感じがするし、昼ごはんも午後のエネルギーとして食べたい。

1日2食のメリット

1日の摂取カロリーを減らしやすいダイエット効果

太る原因の1つが、カロリーの摂りすぎです。

1日3食だった人が1日2食にすると、1食分のカロリーをそれほど無理なく減らせます。

手っ取り早く1日に摂るカロリーを減らす方法として、食事回数を減らすというわけですね。

胃腸を休められる

16時間断食をすると長い時間食べ物が体内に入らないから、胃腸など消化器官を休めることができます。

そのため、内臓の負担を減らせます

特に外食などで高脂質高カロリーなランチ、おいしいものをいっぱい食べるランチバイキングの時は、お腹がいっぱいになって、「夕ごはんそんなにいらないかも」って思いませんか?

「1日3食食べるものだから」って夜も食事をとると、胃や腸にとっては次々と消化しなければならないものが入ってきて大忙し。

胃腸が忙しく働くと疲れてしまうのでお休みさせるため、夕ごはんを食べません。

食費の節約

食事の回数を減らす分、食費も浮きます。

食費節約のために食事回数を減らす人はあまりいないかもしれないけど、確かに食費も節約できます。

食事にかける時間の節約

食事の回数を減らした分、1日のうちの食事の準備や食べる時間が減ります。

そのぶん他のことに時間をあてられます。

ただ、食事は生きる上で必要なことだから、食事にかける時間の優先順位を軽く見すぎるのは良くありません!

「何かやるためにまず最初に削る時間が食事時間!」という考えは危険。

「一日2食にするとこんなメリットもついてくるんだなぁ」ぐらいに受け取ってください。

次の食事が楽しみ

胃腸が休まり空腹も感じて、次の食事が楽しみになります♪

私にとっては「空腹は最高のクスリ」っていうより、「空腹は最高のごちそう」

1日2食のデメリット

カロリーや栄養不足になりやすい

1日の摂取カロリーを簡単に減らしやすい方法である反面、カロリーや栄養不足になるデメリットもあります。

2食ではそれなりの栄養と量をとる必要があります!

2食を食べ過ぎると内臓に負担がかかる

16時間も食べないと空腹感が強くなって、次に食べる食事の量は多くなりがち。

「16時間断食後の食事!やっと食べられる♪」

「カロリー不足にならないようにいっぱい食べよう!」

と意気込んでお腹がいっぱいになるまで食べると、急にたくさんの食事が入ってきてで、すっかり休んでいた内臓はびっくりしてしまい、今度は消化が大変。

消化に優しいものから順によく噛んで食べるようにして、できるだけ消化に優しいかたちで内臓に食べ物を届けましょう♡

長続きしない場合はリバウンドの可能性がある

短期的に痩せる方法として、1日2食(16時間断食/8時間ダイエット)は向いていません。

いったん1日2食で痩せても、また食事の回数を増やしたら、自然と1日に摂るカロリーの量が増えてリバウンド。

1日2食16時間断食が生活スタイルに合い、ずっと続けられる人が向いています

1日3食の人とライフスタイルを合わせにくい

ほとんどの人は1日3食です。

家族で暮らしている場合、自分一人だけ食卓を囲まないってなんだか寂しい。

そこまでして16時間断食を貫くかどうかは…?

私のような一人暮らしさんは続けやすいです。

私も、何が何でも絶対に夕ごはんを食べないというわけではありません。

夕ごはんに誘われたらOKするし、実家に帰った時は家族と夕ごはんを食べます♪

1日2食は痩せるのか

1日2食夕食抜きの私は、BMI19体脂肪は20%前半です。

1日2食の生活にする前も後もこのくらいの数値だったはず。

つまり私の場合、痩せたというより太らない体型を維持し続けているわけです。

1日3食から2食に変えた途端に痩せ始めたと感じたわけではありませんでした。

「1日2食は、BMIや体脂肪が肥満の部類に入らない理由の一つだな」くらいに捉えています。

体型維持は1日2食以外のライフスタイルも関係しているでしょう。

(私が体型維持のために気をつけていることは、このブログにUPしていきますね!)

まとめ

  • 私が1日2食にした理由1 : 夕ごはんでカロリーを摂る必要を感じなかった
  • 私が1日2食にした理由2 : 夕ごはんにかける時間を省きたい
  • 一日二食のメリット1 : 1日の摂取カロリーを減らしやすいダイエット効果
  • 一日二食のメリット2 : 胃腸を休められる
  • 一日二食のメリット3 : 食費の節約
  • 一日二食のメリット4 : 食事にかける時間の節約
  • 一日二食のメリット5 : 次の食事が楽しみ
  • 1日2食のデメリット1 : カロリーや栄養不足になりやすい
  • 1日2食のデメリット2 : 2食を食べ過ぎると内臓に負担がかかる
  • 1日2食のデメリット3 : 長続きしない場合はリバウンドの可能性がある
  • 1日2食のデメリット4 : 1日3食の人とライフスタイルを合わせにくい
  • 体型維持には1日2食以外のライフスタイルも関係していると考えている

私にとって1日2食16時間断食は、体型を維持する方法としてライフスタイルに合っています

そもそも始めたきっかけも 、仕事から帰ったら後は寝るだけの生活になったから。

夜にエネルギーをそれほど必要としないし、お風呂に入ったり寝る時間をもっととりたかった。

今の生活には合っているというわけで、1日2食をずっと続けるかは何とも言えません。

年齢や環境によって健康状態やライフスタイルも変わります。

一日1食や5食で痩せて元気はつらつの人もいます。

あなたの生活に合って無理なく続けられる食事回数や空腹時間を見つけてることが大切です!

この記事では1日2食ってどんな感じなのか、経験談の一つとしてあくまで参考にしてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました