砂糖の代わりにはちみつを使うメリット・注意点・分量の目安

砂糖の代わりにはちみつを使うメリット・注意点・分量の目安 ダイエットコラム

ふしゆかです♪

(初めましての方へ プロフィール/実績一覧/提供サービス

「はちみつは体に良いって聞くからお砂糖の代わりにも使ってみようかな?でも使い方のコツとかあるのかな?」

こんな疑問にお答えします☆

この記事では、はちみつをお砂糖の代わりに使いたいあなたに

  • 砂糖の代わりに使うメリット
  • 砂糖の代わりに使う場合の注意点
  • 砂糖の代わりに使う場合の分量の目安 

についてまとめました♪

私はよく、砂糖の代わりにお菓子作りではちみつを使っています!

この記事を読めば、砂糖の代わりとしてのはちみつを使う時の、分量や注意点までまとめてわかります♪

砂糖の代わりにはちみつを使ってあなたもシュガーフリー生活♪

砂糖の代わりにはちみつを使うメリット

少しの量でしっかり甘くて低カロリー

はちみつは、同じ量の砂糖の75%のカロリーなのに、甘さは約1.3倍☆

砂糖よりも甘いのに低カロリーなんて、ダイエット中にぴったりの甘味料ですね!

コクと香りのある甘さ

砂糖は、ショ糖という糖分が強い甘味だけを感じさせます。

一方ではちみつは、ミツバチが一生懸命花粉を集めた努力のかたまり!

甘味やうま味のあるいくつもの糖類によるコクや花の香りがあります♡

だから、お料理やお菓子の味わいや風味(特に生で食べる場合)をアップ!

使いこなせたら、おうちごはんの味をグレードアップさせるのに使えそう♪

ダイエットや美容にもうれしい栄養たっぷり

はちみつには、質の良いビタミンやミネラルが含まれています。

甘さと一緒に栄養も摂れちゃう食材です!

ダイエット、疲労回復、美肌やアンチエイジング、お腹の調子を整えることにも役立てられます♡

注意点

一歳未満の子供には食べさせないで

1 歳未満の子供は大人ほど腸内環境が整っていません。

はちみつに混ざっている可能性のあるボツリヌス菌を腸の中で処理できなくて、体調不良を起こしてしまうことがあります。

はちみつの味と風味がダイレクトに出やすい

料理や分量によっては、はちみつの甘さや香りが前面に出てしまうこともあります。

風味が変わるとか、味がはちみつ一色にならないように、使うレシピや分量に気をつけましょう!

はちみつを砂糖代わりに使う場合の分量の目安

はちみつを使って砂糖と甘さをほぼ同じにするためには、砂糖の1/3量を目安に使います。

はちみつを使った簡単ヘルシーレシピ

このブログの、はちみつを使ったレシピをまとめました♡

ぜひ、作ってみてくださいね♪

まとめ

砂糖の代わりにも使える☆はちみつは

  • 少量でしっかり甘くて低カロリー
  • コクと香りのある甘さ 
  • 美容やダイエット効果もある栄養がたくさん
  • 一歳未満の子供には食べさせない
  • 料理の味と風味を変え過ぎないよう、量の調整または使う料理を選ぶ
  • 砂糖の1/3の量が目安

この記事を参考に、砂糖の代わりにはちみつを使って、いつものお料理の甘味は減らさないままカロリーオフして栄養補給しましょう♡ 

タイトルとURLをコピーしました